探偵OPCG いじめ

家族や友人がいじめられているかもしれない!こんな疑問を抱いている人は探偵に調査依頼を!

いじめの事実はなかなか掴みづらいもの!そんなときは探偵を頼りにできます

いじめにあっている人の多くは、自分の口からそのことを言えずにいます。

 

そのため元気がなかったり、いつも落ち込んでいるような状況が続き、その様子を見ている家族や友人は心配になることでしょう。

 

「もしかして、いじめが原因?」と感じたら、探偵に調査依頼をお願いすることができます。

 

では探偵へのいじめ調査の内容、そして順序について見ていくことにしましょう。

 

まずはカウンセリングから始まり、調査人の情報を収集

 

探偵事務所を訪れ、最初に行われるのがカウンセリングです。

 

これは依頼人と探偵が話をし、依頼人がどのような調査を希望するのか、そして調査対象人がどのような人物なのかを探偵が知るための最初の段階となります。

 

このとき、依頼人は自分が知りうる限りの調査対象人に関する情報を提供するなら、探偵は調査を進めやすくなります。

 

もちろん探偵はプライバシーを尊重してくれますので、言いにくいと感じる情報は伏せておくことも可能です。

 

また当然のことなら探偵は調査対象人の外見を知る必要があります。

 

そのためカウンセリング時に調査対象人の写真を何枚か持って行くと、作業がスムーズに行われます。

 

このときに一般的ないじめ調査の内容についての説明がありますので、これらによく耳を傾けるべきです。

 

いじめ調査は探偵の基本である尾行調査からスタートする

 

探偵の調査の基本は、尾行調査です。

 

夫やお子さんが会社や学校でいじめにあっていないかを確かめるわけですが、会社内や学校内に探偵が入り込むことはできません。

 

そのため尾行調査は出勤や通学の様子を観察することがメインとなります。

 

いじめは陰湿な形で行われることもありますが、公の場で露骨に行われることも多々あります。

 

そのため出勤時や通学路で行われるいじめも多く、尾行調査のみでいじめの事実を掴めるケースも多々あります。

 

このような状況を目にした探偵はいじめの事実を写真に収め、それを依頼人に提出します。

 

事実をつかめた時点で調査は終了となり、依頼人は報酬を探偵に支払います。

 

当然のことながら尾行調査のみでいじめの事実が掴めなかった場合は次にステップに進みますし、尾行調査が長引いた場合はその分の報酬を上乗せして支払うことになります。

 

いじめ現場の状況によっては張り込み調査が行われる

 

いじめ現場の状況によっては、張り込み調査が行われることもあります。

 

たとえば調査対象人の職場が屋外であり、常に人目にさらされるような状況であったり、子どものいじめがサッカースクールなどの屋外アクティビティーに参加しているときに行われている可能性があるケースなどです。

 

浮気調査などの場合は探偵がアパートなどを借りてそこに一定期間住み、調査対象人を観察するケースがあります。

 

しかしいじめ調査の場合、調査対象人が人と接する時間が日中であることが多いために、探偵がアパートを借りて張り込み調査を行うことは滅多にありません。

 

たいていの場合、探偵は近くのカフェで客を装ったり、公園でくつろぐふりをするなどして張り込み調査を行います。

 

聞き取り調査を行い、事実確認が行われることもある

 

実のところ、「いじめ」と「コミュニケーション」の線引きは非常に難しいとされています。

 

たとえば誰かに対して辛辣な言葉を浴びせた人が「自分は冗談でこう言いました。

 

いじめではありません」と言えば、太刀打ちできないこともあります。

 

またいじめにあっている人の中には自分の面子を気にして、いじめの事実を隠す人もいます。

 

しかしその様子を見ている周りの人の意見は非常に参考になります。

 

どんな言葉が浴びせられたのか、そのときの反応はどうだったかを尋ねるのであれば、いじめの事実を確認できます。

 

そのため尾行調査や張り込み調査だけではいじめの事実が確認できなかった場合、探偵は聞き込み調査を行います。

 

ソーシャルネットワーク上でのいじめをチェックする

 

少し前までは、いじめは人と人との会話や態度によって行われるのが一般的でした。

 

しかしインターネットが普及している現在、新たな仕方でのいじめが行われるようになりました。

 

それはソーシャルネットワークを利用して悪い噂を流し、いじめを行うというものです。

 

ソーシャルネットワークによるいじめの事実を確認するためには、時間がかかることがあります。

 

また聞き込み調査が必要となることもあり、いじめ調査が行われていることが第3者に知れてしまうこともあります。

 

もちろんこのような調査を行う場合、探偵は依頼人の許可を求めます。

 

もし第3者に情報が漏れるのを懸念するのでしたら、他の調査のみでいじめの事実を突き止めてもらうよう、探偵にお願いすることができます。

 

探偵によるいじめ調査の流れは、一般的な素行調査とほぼ同じです。

 

しかし人目に付くところで確認できる事実も多いために、素行調査よりも早めに事実確認ができることも多々あります。

 

家族や親しい友人の様子がおかしく、「いじめにあっているのでは?」と感じたものの、本人の口からは事実が語られない場合、探偵事務所に調査を依頼することができます。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ