探偵OPCG 人探し

素人が知りたい、探偵に頼んで調査してもらえることは何か。

探偵に依頼して自分の出生や生みの親を人探ししてほしい!

人探しの中でもストーカーや行方不明者、企業による採用者リサーチではなく、身内に限定して記載しています。

 

「養子」「本当の親」このようなキーワードを調べたことがありますか。

 

もしかしたら「人探し」などと検索し具体的な方法を探してみたこともあるかもしれません。

 

里親に出された子どもや子のいない夫婦に引き取られ育てられた子ども、施設から新しい家庭に入った子どもなど、「血縁のある生みの親」について知らない子どもが大人になった時、自分の出生やルーツについて知りたくなることもあるでしょう。

 

この文章では、そんな事情を抱えた方へ具体的な手段のオススメやアドバイスをお伝えします。

 

悩みやモヤモヤの解決へ一歩でも近づくため、お役に立てれば幸いです。

 

自分の出生に疑問がありますか?もしくは、生みの両親を探したいと考えたことはありますか?

 

養子になった子供は、遺伝的な親に会いたいことがよくあります。

 

さらには、場合によっては義両親から養子縁組の事実をを知らされずに育てられるケースもあります。

 

非公開の養子縁組手続きから出生の親を追跡するには、かなりの時間と労力が必要です。

 

ほとんどの養子縁組者は、どこから始めればよいのか分からないと思います。

 

警察に尋ねるのでしょうか、いえ、特に不正行為の証拠がない場合、積極的な調査はされず協力はしてくれそうにありませんね。

 

ここで思いつくのは探偵です。

 

彼らは警察並みの代替手段を提供し、一般の人がアクセスできないリソースにアクセスできます。

 

どんな探偵事務所があるの?予算は?手段は?

 

探偵にお願いして生みの両親を捜してもらう場合、どのような事が必要でしょうか。

 

まずは、信頼できる探偵事務所を探します。

 

きちんと法律の範囲内での仕事をしているか、料金は適正か、親身になって調査してくれるか。

 

これらを判断材料にしてHPなどで調べてみましょう。

 

直接会う必要もあるなら自宅から近場かどうかも重要です。

 

料金も探偵事務所ごとに幅広く設定されています。

 

商品のように単純に相場価格というものがないので、まずは相談してみて「どこまでフォローしてくれるのか」「交通費などは実費か、契約当初より追加費用が次々と発生しないか」など検討しましょう。

 

戸籍謄本の取り寄せや家族の情報収集などこちらのすべき事の確認や、問題解決までの目安の期間などもこの時に相談しておくと参考になります。

 

一般の方が探偵に調査を依頼するというのは、なかなか頻繁に起こることでもなく、たいていはこちらが素人である場合が多いので、なるべくなら依頼する前にいくつかの探偵事務所に相談し、具体的な調査方法・報告手段のイメージやフィーリングがあうかどうかなどを情報収集しましょう。

 

どんな結果を望んでいますか?

 

探偵に調査を依頼といっても、単に情報収集・人探しだけが探偵の仕事ではありません。

 

信頼できるプロの探偵なら、捜索の結果が依頼者にとって良好なものか否か、生みの親に会うべきか否か、などを今までの経験やノウハウから人間としての感情を持って判断し、ベストな解決へ導くスキルがあります。

 

事実を知って傷つく内容の場合もあるかもしれません。

 

それでも知りたいと思うかもしれません。

 

事前相談の段階でそれらにまで言及して、こちらの意を組んだ対応をしてくれるか聞くことも重要です。

 

自分のルーツや生みの両親について知りたい!

 

養子になった人が出生した両親を探したいと思う理由はたくさんあります。

 

より一般的なものは、名前や場所などの一般的な家族情報を取得すること、家族の特徴や性格を明らかにすること、結婚や就職に際し健康に影響を与える可能性のある遺伝的状態などの医療情報を取得すること、養子縁組の状況を理解することです。

 

また、結婚を機に自分では今まで気にしていなかった人も、配偶者になる人(婚約者)からの提言をきっかけに生みの両親の事や養子となった背景を知りたくなる場合もあるでしょう。

 

状況や環境、義両親との関係性によっては結婚式に出席してもらう事にまで発展するかもしれません。

 

養子縁組によって義両親に育てられ、大人になった時に生みの親や出生の状況に興味を持ち、探偵に調査を依頼し結果を知る。

 

言葉にするとこれだけですが、すべてがあなたの人生であり全く同じ内容の人はいません。

 

子ども時代の過ごし方や成長過程での考え方・感じ方、すべて人それぞれですので、事実を知ることが正解かそうでないのかもまた人それぞれ、あなた次第です。

 

事実を知りたいと思った時に、調査の最中や結果が出た後のフォローまで親身に寄り添って、一緒に考え一緒に解決してくれる探偵に出会えることを祈っています。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ